今回は、30代会社員さんが、地下鉄の中で静かに音楽を聴くために購入したソニー(SONY)のワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン(WF-1000X)についてのお話をご紹介してみます。コードが邪魔にならず、付け心地が良く、音量を小さくして音楽を聴けるのが気に入っているそうです。バッテリーの持ちが悪い点と製品自体のノイズは、今後の製品開発で改善してほしいところだそうです。

地下鉄の騒音対策としてノイズキャンセリングイヤフォンを検討

30代で東京で会社員をしています。通勤は地下鉄を利用しているため騒音が気になり、単純に音量を大きくしても聞こえやすくなるわけではありませんし、耳にも悪いと思いノイズキャンセリングを検討し始めました。音楽視聴にはXPERIAを使っているので、ノイズキャンセリング対応しているイヤホンであればなんでも良かったです。

ですが今まで優先で利用していて満員電車だと人のカバンなどに引っ掛かってしまったり、いちいちコードを纏めたりと不便に思うことが増えてきてBluetoothで接続できるワイヤレスが欲しいと探していました。そこで最近ワイヤレスに力を入れているSONYから発売されたWF-1000Xに興味が出て、話題のAirPodsのようにコンパクトに利用出来そうだったので購入しました。

ノイズキャンセリング自体は大学生時代に電池で動くSONYのノイズキャンセリング搭載イヤホンを使っていたので、ある程度の効果は知っていました。ただ当時はコードでしたし電池も必要でしたが、ワイヤレスで充電式で利用出来るのは感動しました。周りの音もあまり気にならないので、しっかりと騒音を防いでくれていると実感しています。

地下鉄に乗っていても以前ほど車両の音が気にならなくなって、音量を上げ過ぎずともちゃんと音楽を聴くことが出来るようになりました。

ノイズキャンセリングイヤフォンはストレスフリー

ノイズキャンセリングの良いところは音量を上げなくても音楽をしっかりと楽しめることで、例えば隣にうるさく話す人が座ってきても以前は音量を上げたりしていたのが、今はそんなことしなくても気にならないのはストレスフリーで助かっています。

またワイヤレスで使えるので、聴いている最中手元にXPERIAを持っている必要がなく便利です。今まで音楽を聴くためにコードを解いて端末に差して、聴いている最中はコードが耳からぶらぶらして邪魔に感じていましたが、ちょっとした不便さがなくなるのは快適そのものです。

それに1時間以上耳にイヤホンを付けていると耳が疲れたり痛くなったりしますが、これは軽くて付け心地も良いので疲れませんでした。

ノイズキャンセリングをしていても不快感を与えないのはすごいと思うので、通勤中使っていて感動しました。

バッテリーの持ちが悪い

また充電式のケースが付いているので使用していない間に充電が出来て便利ですが、ちょっとケース自体が大きいのでかさばるのが残念です。充電出来るので我慢出来ますが、連続で利用可能時間が短いのも不満に感じています。ノイズキャンセリングのON・OFF関係なく3時間使えるとメーカー側は言っていますが、実際2時間20~30分使えれば良い方です。

3時間も連続で使えたことは一度もありませんでした。ノイズキャンセリングするために稼働するわけですからある程度はバッテリーを使うと思いますが、もう少し長時間使えたらと残念に思いました。ここは今後改善していってくれたらユーザにとっては嬉しいと思います。

ノイズキャンセリングイヤホンの製品自体のノイズが気になる

使い始めから気になっていたことが、ノイズキャンセリングをONにして最初に聴くと少し雑音と言いますかノイズが聴こえるので毎日使っているとちょっとストレスを感じます。レビューを見ると同じように感じている人は多くいるようで、製品の仕様上仕方がないとのことでしたが、せっかくのノイズキャンセリングなのに製品自体のせいで音が気になるのは本末転倒だと思います。

ノイズキャンセリング自体外の音が聞こえないかわりに製品のノイズが目立つようになるのは昔からそうでしたが、製品がどんどん進化してもここだけは直らないのが不思議で仕方ありません。

利用してみるとノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホンはまだまだ発展途上だと感じることはありますが、しっかり雑音は防いでくれて快適に音楽を聴くことは十分に出来るので満足しています。