今回は、50代主婦さんが、分譲マンションの修繕工事がうるさくて購入したボーズのノイズキャンセリングイヤホンQuietComfort20を使った感想をご紹介してみます。QuietComfort20のメリットは、1.飛行機のうるさい音が減る、2.マンションの修繕工事のドリル音を軽減、3.騒音が気になる場所で活躍、4.3年使ってもまだ使用できる、などがあるそうです。

進化するイヤホン。イヤホンに3万円ってどうなの?

日々進化し続けるヘッドホン&イヤホンの世界。

新製品の記事を目にしたらどうしても気になって、気がつけば諭吉さん×3さようなら~。

そんな魅力がイヤホンの世界にはありますね。

なんて言えるのも今だからこそ。

私は神奈川県在住の主婦(50代のおばさん)で、音楽好きではありますがイヤホンにウン万円はさすがに無いナイ、そこまで大差ないだろうよ、と思っておりました。

そう、あの日までは……。

ところで、飛行機の機内のエンジン音は、バカにできないくらいの轟音になりますね。

備え付けのイヤホンで音楽を聴くとき、エンジン音が大きいので音量をあげなくてはならずけっこう耳に負担がかかります。

そこで、BOSE社のノイズキャセリングイヤホンを使ってみたところ、機内での快適さが素晴らしく、ゴキゲンなフライトができたのでご紹介します。

そもそも私がノイズキャンセリングイヤホンを購入したのは、住んでいる分譲マンションが10年目の大規模修繕で、連日鳴り響くドリル音に悩まされたことがきっかけでした。

外壁をけずるドリル音は予想以上にスゴかった!

修繕工事が始まって、しばらくした頃、いつものように、住民に注意を促すチラシが配られ「騒音が発生します」とのお知らせがありましたが、ドリル音か~くらいに高を括っていたのです。

しかし、このコンクリートを削って劣化部分のタイルをはがす「はつり」という工事の音が実は、半端ではなかった!

(うぉぉおおぉー。マジ!はんぱねぇー)(驚。戦慄。)みたいなエグい音です。

施工業者の方は、耳、大丈夫なんでしょうか?

ペットが命を落としていたことも

修繕工事は朝9時から夕方5時までで、日中自宅で作業をしている私にとって、微妙な間隔で発生し続けるこの爆音が、精神を衰弱させるほどにきつく感じました。

音がするたびに心臓がバクバク、冷汗が出て、次第に病んできました。

工事の方もそうですし、みんなどうやって凌いでいるのか気になって調べてみたところ、小さなお子さんがいる専業主婦の方のお悩み例や、飼い犬や小鳥がおびえて食欲をなくし、命を落としたという悲劇的な例もありました。(涙)

ノイズキャンセリングイヤホンとの出会い

知人にこの話をしたところ「難聴になることもあるから対策したほうがいいよ」と助言をもらって、恐くなった私は、日中は喫茶店に避難して、マンスリーマンションを借りようかと考えたり、工事業者用の強力なヘッドホンもネットで見つけましたが、実用には適さないものでした。

そんな矢先に、目に飛び込んできたのがBOSE社のノイズキャンセリングイヤホン、QuietComfort20 ACOUSTIC NOISE CANCELLING(for apple)でした。

この商品、もとは軍のパイロット用に考案されたもので、飛行機のエンジン音を消すのに最適とのこと。

周囲の騒音を遮断し(実際には、逆の音を発生させて打消している)、客室乗務員の声など、人の声は拾ってくれるので、機内で快適に音楽を聴くことができるものと知り、これだ!と一縷の望みを胸に、BOSE SHOP へ直行、視聴をさせてもらいました。

正直、効果には半信半疑だったのですが、実際に着けてみたところ…店員さんの声はクリアに聞こえる、一方で、街の騒音が瞬時に、一切消えました!(感動。)

実は、まだこの時、繁華街の騒音は消えても、ドリル音が消えるのかわずかな不安もありましたが、歯医者さんでも治療音を消すために採用されているという店員さんのお話に、それならばきっと大丈夫かもと、望みをつないで購入しました。

ヘッドホンタイプとイヤホンタイプがあり、持ち運びに便利なイヤホンを選びました。

翌日の朝、早速ドリル工事が始まり、恐る恐る装着してみました。

すると、あの大きなドリル音が……見事に何も聞こえません。

素晴らしい!本当にすごい!

こうして騒音問題が解決しました。

騒音騒音と騒いでしまったのですが、振り返れば業者の方に暑い日も寒い日も大変な作業をしていただいたおかげで修繕が完了したことに、感謝しています。

スイッチひとつで完全無音に。外部音の遮断性能がすごい

現在、イヤホンは飛行機や電車の中で音楽を聴いたり、喫茶店で静かに本を読みたいとき、旅先のホテルなど、騒音が気になるありとあらゆる場所で活躍しています。

音質については他社製品を使用したことがないので比較できませんが、この製品を使う主目的は遮音だと思うので、音質を求める方には他社製品も検討の余地アリと思います。

購入してから3年以上が経過しましたが、音割れやコード切れ等の問題は今のところ発生していません。

BOSE社のQuietComfortは、軍用機の特殊な環境へのに適応を研究する中で生まれた技術がベースになっていますので、逆位相の信号を発生させて騒音を消し、会話は聞こえるようにすることが実現し、それを民間にも広く商品として応用したところが素晴らしいと感じました。

BOSEの関係者ではありませんが、この製品のノイズキャンセル力、特に外部音の遮断性能は感動ものです!

お値段も3万円程しましたが、買って正解、納得できる品物と思いました。

騒音(特に機械系の音)に悩まされている方には自信を持っておススメできます。

私が購入したQC20はワイヤー付きで、付属の純正ケースが小さめなので、ワイヤーが納めにくい難点がありました。

無理やりケースに押し込むとコードを痛めそうなので、100円ショップのケースにゆとりをもって納めるようにしています。

後継機種QC30はワイヤレスですが、ノイズキャンセリング力はワイヤアリのQC20が勝っているとの声も耳にします。

実際の使用感を確かめるためにも、気になる方はぜひ、お店でいろいろ試聴してみることをおすすめします。